埼玉県川口市|戸建てリフォーム、マンションリフォーム、再建築不可物件リノベーション、インダストリアルリノベーション、リフォーム補助金に強い地域密着工務店が手掛けるヤマギワのリフォーム

インスタグラム Facebook

繊維壁・砂壁のお手入れ編

TOPICS

Event Blog Information
ヤマギワのリフォームの
イベント・ブログ・お知らせ掲載
リフォーム

ブログ

Blog
お得な情報やプライベートでの出来事等アップしていきます。お見逃しくなく~
2020/04/21
ブログ

繊維壁・砂壁のお手入れ編

こんにちは お客様ご訪問係の室賀と申します。

 

 

 

 

今回は、繊維壁・砂壁のお手入れ方法をご紹介させていただきます。

 

 

 

ホコリは、軽くはたきをかけるか、大きなブラシで落とします。

 

 

 

湿気には注意しましょう。カビの原因になります。

 

 

 

一度汚れが付くと落としにくいので、普段から汚さないように気を付けましょう。

 

 

 

表面を傷めるおそれのある掃除機やたわし、

変質・変色の原因となるシンナー、ベンジンなどは使わないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

~補修方法~

砂落ちの防止には、砂壁押さえ用スプレーなどが有効ですが、木工用ボンドでも代用できます。

 

 

 

 

ひび割れがある場合、絵の具を練り込み壁と同色にしたパテをひび割れの筋に沿って、ヘラで塗り込みます。

はみ出た部分は、ヘラでかき落としてから平らにします。目の細かいサンドペーパーで、表面をなめらかにします。

 

 

 

 

穴が開いてしまった場合、絵の具を練り込み壁と同色にしたパテを塗り込みます。

穴の大きさによって数回に分けて塗り込み、ヘラで表面を平らにします。

1~2日置き、十分に乾燥させてから表面の凹凸をサンドペーパーで滑らかにして仕上げます。

 

 

 

 

柱との間のすき間を埋める場合、柱の部分をマスキングテープで覆ってから

すき間部分に、絵の具を練り込んで壁と同色にしたパテを塗り込みます。

 

 

 

 

「塗り壁」

繊維壁や砂壁、漆喰壁などの伝統的な材料の塗り壁は、独特の質感が魅力です。

汚れやキズが目立ちにくいのも特徴ですが、自然素材に由来している分、

デリケートで経年劣化はやむを得ません。10~15年程で塗り替えを検討してください。

 

 

次回は天井のお手入れ方法をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽ 修繕・リフォーム・リノベーション ▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

のことならヤマギワのリフォーム山際建設にお気軽にご相談ください

水廻りリフォーム、内装リフォーム、外回りリフォーム
性能向上リフォーム、リノベーション

再建築不可物件リフォーム 等

無料相談・無料見積

お電話かお問い合わせフォームより

お気軽にご連絡ください。

■お電話でのお問い合わせは

0120-710959

■お問い合わせフォームはこちら

 

 

 

 

 

 

 

リフォーム メニュー
山際建設 お家づくり連動型サービスリンク