埼玉県川口市|戸建てリフォーム、マンションリフォーム、再建築不可物件リノベーション、インダストリアルリノベーション、リフォーム補助金に強い地域密着工務店が手掛けるヤマギワのリフォーム

インスタグラム Facebook

畳の張替えについて 編

TOPICS

Event Blog Information
ヤマギワのリフォームの
イベント・ブログ・お知らせ掲載
リフォーム

ブログ

Blog
お得な情報やプライベートでの出来事等アップしていきます。お見逃しくなく~
2020/07/22
ブログ

畳の張替えについて 編

 

畳は断熱性や保温性、吸音性、弾力性など様々な

機能を持っていて、日本の気候や風土に

もっとも適しています。

 

畳表は使用に伴い劣化するため、

定期的に張替えが必要です。

畳表だけを張り替えることを「表替え」といい、

畳表を裏返して張り直すことを「裏返し」

畳と畳床(たたみとこ)を一緒に交換することを

「新畳」といいます。

 

使用状況にもよりますが

上質な畳表では裏返しで2~5年、

表替えで5~8年、新畳で15~20年が目安となります。

 

畳のランクは畳表に用いられるい草の長さや、

い草を織り込む量を表す

「打ち込み」の量によって決まります。

 

畳床の床材は様々あります。藁だけを使ったもの、

木質系の原料から作られたもの、

間にスタイロフォームを挟んだものなどがあります。

用途やお部屋の状況にあわせて使います。

 

最近では、天然の和紙やポリプロピレンを

い草風に仕上げた、豊富なカラーバリエーションの

畳表も人気です。

い草の畳表にくらべ耐久性があり、変色もほとんど無く

ダニやカビの発生も抑えますが、い草の香りや

リフレッシュ効果はありません。

価格も割高になります。

畳に使われるい草ですが、ちまきを笹でくるむ際に、

結わえる紐として用いられたり、

和蝋燭の芯の素材として用いられています。

かつては利尿や不眠症、切り傷や打撲、

水腫の薬としても用いられたそうです。

 

畳替えをお考えの時は

ぜひ、当社にご相談ください。

 

▲▽▲▽▲▽ 修繕・リフォーム・リノベーション ▲▽▲▽▲▽

のことならヤマギワのリフォーム山際建設にお気軽にご相談ください

水廻りリフォーム、内装リフォーム、外回りリフォーム
性能向上リフォーム、リノベーション

再建築不可物件リフォーム 等

無料相談・無料見積

お電話かお問い合わせフォームより

お気軽にご連絡ください。

■お電話でのお問い合わせは

0120-710959

■お問い合わせフォームはこちら

リフォーム メニュー
山際建設 お家づくり連動型サービスリンク