埼玉県川口市|戸建てリフォーム、マンションリフォーム、再建築不可物件リノベーション、インダストリアルリノベーション、リフォーム補助金に強い地域密着工務店が手掛けるヤマギワのリフォーム

インスタグラム Facebook

突然訪問してくる屋根業者にご用心

TOPICS

Event Blog Information
ヤマギワのリフォームの
イベント・ブログ・お知らせ掲載
リフォーム

ブログ

Blog
お得な情報やプライベートでの出来事等アップしていきます。お見逃しくなく~
2021/06/24
ブログ

突然訪問してくる屋根業者にご用心

こんにちは 古賀です。

 

 

 

 

 

今回はちょっと真面目なお話と注意喚起です。

 

 

 

 

 

「近くで工事をしているものなんですけど、屋根瓦がずれていますよ」

 

 

 

 

 

最近、このようなことを言いながら訪問してくる業者が川口市内に良く出没しているみたいです。

 

 

 

 

 

善良な業者で善意で言っているケースもなくはないのですが、大体が悪質な訪問販売の場合が多いです。

 

 

 

 

 

お客様がご自身で確認することが難しい屋根をターゲットにしています。

 

 

 

 

 

「点検は無料ですので見ましょうか?」次に彼らが言うセリフです。

 

 

 

 

 

屋根に上ったら上ったで次にいうセリフは

 

 

 

 

 

「下地が痛んでいます。このままだと雨漏れをするので至急屋根工事をした方がいいです」

 

 

 

 

 

写真を携帯やスマホで撮ったものをちらりと見せただけで不安を煽るだけ煽り

 

 

 

 

 

高額な工事の見積りを出すような手口です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった時の対処法ですが、

 

 

 

 

 

1.まず前提として屋根の上に上げない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、知らない業者を屋根の上に上げてしまった方から不安に思い調査を依頼された案件になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤丸の部分に注目していただきたいのですが、瓦が不自然にずれています。

 

 

 

 

 

基本的に瓦が1枚だけ不自然にずれることはあり得ません。

 

 

 

 

 

これは屋根に上った業者が悪質で、わざと屋根瓦をずらしたケースです。

 

 

 

 

 

瓦を割られたりの被害もあるみたいなので知らない業者を屋根の上に上げるのは絶対に上げない方がよいと断言致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.近くで工事をしている・・・近くって?

 

 

 

 

 

こういった訪問販売の常とう句として、近くで工事をしているというワードを出してきます。

 

 

 

 

 

まずは、近くに足場を組んでいる家があるかを確認しましょう。

 

 

 

 

 

誰さんの家を工事しているのですか?と聞くのも効果的です。

 

 

 

 

 

「お答えできません」や「個人情報が」などと言って明言を避けるケースは大体工事をやっていません。

 

 

 

 

 

弊社で屋根の破損をお客様に伝える際には、

 

 

 

 

 

工事をしているお客様経由で伝えてもらうか工事をしているお客様と一緒に訪問するのが基本のパターンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.あなた結局どこの会社の誰さんなんですか?

 

 

 

 

 

訪問販売は、大体が名刺を置いていきません。現場の作業員だから名刺がないというのが大体の言い分ですね。

 

 

 

 

 

まずは、名刺を要求しましょう。名刺がもらえたならそれを検索してみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

まともな会社なら、検索すればどんな会社か大体はHITします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.調査報告書ってくれないんですか?

 

 

 

 

 

弊社では屋根の点検などを行った際には、お客様にもわかりやすく

 

 

 

 

 

どういう状況なのかをお伝えすることが重要だと考えています。

 

 

 

 

 

屋根の点検後にお見積りをお出しする際には、

 

 

 

 

 

なぜこの工事が必要になるかがわかるようにお見積書と簡易的ではありますが報告書を出すケースが多いです。

 

 

 

 

 

業者を屋根の上に上げてしまった場合は、調査報告書を要求するのも大事だと思います。

 

 

 

 

 

大体のケースでなあなあにしようとします。見積書だけってケースも多いですね。

 

 

 

 

↑みたいに明らかに破損がみられるケースでも

 

 

 

 

 

肉眼で確認できない場所はきちんと報告書を作る必要があると考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.ずいぶん遠くからくるんだねえ・・・

 

 

 

 

 

屋根に上らせた場合後日見積りが来ると思いますが、そちらを確認することも重要です。

 

 

 

 

 

確認すべきところはズバリ・・・会社の住所です。

 

 

 

 

 

大抵の業者が東京都内や東京都下、あるいは埼玉県北部など川口市近郊から距離がある場所になっていると思います。

 

 

 

 

 

地域密着を掲げる工務店であれば、地元で適当な工事をすることはありえないのでそういった点も判断基準になります。

 

 

 

 

 

また、相手の名刺を入手できた場合は名刺の会社と見積りを出している会社が一緒かを確認するといいかもしれません。

 

 

 

 

 

情報だけ丸投げして一括下請けして紹介料だけを徴収する業者などもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

6.クーリングオフってなんだ?

 

 

 

 

 

もし、業者と契約してしまった場合でも8日間以内であればクーリングオフが可能です。

 

 

 

 

 

きちんとした業者なら契約の際にクーリングオフの説明があります。

 

 

 

 

 

クーリングオフ期間にもかかわらずごねたり恫喝された場合には

 

 

 

 

 

消費者生活センターやお住いの自治体に相談してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.最後に

 

 

 

 

 

基本的に訪問販売で高額の工事を行うのはやめた方が無難だと思います。

 

 

 

 

 

まずは、一度訪問販売をやり過ごしてから、

 

 

 

 

 

家を建てた会社や知り合い(近所の人)、付き合いのある工務店などに相談するのがよいと思います。

 

 

 

 

 

もちろん当てがなければ弊社にお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誠実・安心をモットーとしている弊社としましては、モラルのない会社が蔓延るのは見過ごせないところがあります。

 

 

 

 

 

正直 もっと楽しいブログを書きたいですが、相談が増えてきているのでご報告いたします。

 

 

 

 

 

次は楽しいブログでお会いしましょう!

 

 

 

 

 

古賀がお送りいたしました。

 

 

 

 

 

▲▽▲▽▲▽ 修繕・リフォーム・リノベーション ▲▽▲▽▲▽

のことならヤマギワのリフォーム山際建設にお気軽にご相談ください

水廻りリフォーム、内装リフォーム、外回りリフォーム
性能向上リフォーム、リノベーション

再建築不可物件リフォーム 等

無料相談・無料見積

お電話かお問い合わせフォームより

お気軽にご連絡ください。

■お電話でのお問い合わせは

0120-710959

■お問い合わせフォームはこちら

 

 

リフォーム メニュー
山際建設 お家づくり連動型サービスリンク